スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミンサー - 沖縄の伝統的な織物

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄には「ミンサー」という伝統民芸品があります。
木綿を素材にした絣(かすり)の織物です。

「ミンサー織り」
「八重山ミンサー」
(いずれもWikipediaより)

語源は、「綿(ミン)で織られた幅の狭(サー)い帯」から「ミンサー」になったと言われているようです。
語源にもあるように、元々は男性用の帯として使われた織物で、男性からの求婚を承諾した女性が相手の男性に贈る風習がありました。
現在は、民芸品としていろいろな服飾品に使われていて、道の駅などのおみやげ屋さんで購入することができます。

私も小銭入れを買いました。

ミンサー織りの布の小銭入れ


五つの四角と
ミンサー織りの五つの■

四つの四角の
ミンサー織りの四つの■

模様がありますが、これは「いつ(五つ)の世(四)までも」という意味が表されています。
昔は、(求婚された)女性が(求婚してくれた)男性への思いを込めて贈ったわけなので(伝統的には贈る女性が自分自身で織っていたようです。)、二人の仲がいつまでも続きますようにという願いが込められているのだと思います。

沖縄らしい民芸品ですし、今は実際に使いやすい服飾小物などがたくさん作られているので、沖縄のおみやげとしておすすめです。
(たぶん、伝統としては沖縄ガラスとかよりも歴史が長いと思います。)


ではまた。
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 服飾

かりゆしウエア

こんにちは。サカイ(仮名)です。

以前の記事で、うちなーぐち「かりゆし」について書きました。

今回はその「かりゆし」にちなんでネーミングされた「かりゆしウエア」についてです。

「かりゆしウエア」とは、沖縄版アロハシャツみたいな感じです。
「沖縄県内で縫製されたものであること」「沖縄の観光をPRする絵柄であること」が条件らしいです。

「かりゆしウエア」(Wikipedia)

沖縄で縫製されたものというのはいいとして沖縄の観光をPRって何だろう…と思っていたのですが、どうやらこれはかりゆしウエアの由来に関係しているようです。

そもそもかりゆしウエアは1970年ごろに「沖縄シャツ」として始まりました。これは、観光をアピールすることを目的に沖縄県ホテル組合が中心となって企画したそうです。
とはいえ、当初はあまり浸透しなかったらしいです。

のちに現在の「かりゆしウエア」という呼称になり、2000年の沖縄サミットやNHKの連続テレビ小説がきっかけとなって官公庁を中心に普及していった始まったそうです。
昨今はクールビズの広がりにともなって、夏場のオフィスウエアとして着られているようです。

街中では、どちらかというと女性よりも男性が着ていることが多いかな、というのが私の印象です。もちろん女性用のシャツも普通に売られてはいますが。
でも実は沖縄では着てる人はそれほど多くは見かけないというか、そもそも最近は柄がいろいろありすぎて普通のシャツとあんまり見分けがつかないというか…
とにかく「沖縄ではかりゆしウエアが広く定着している」みたいなことはないように思います。
や、もちろん着てる人はいるにはいるのですけれども。
どちらかというと、郵便局の人とか某大手小売店の店員さんとかが着てるイメージが強いです。

そんなこんなでした。
まとまりなくてすいません。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 服飾 沖縄の生活 沖縄の観光

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。