スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄のガラス工芸品

こんにちは。サカイ(仮名)です。


今回の記事は、沖縄のガラス工芸品(琉球ガラスあるいは沖縄ガラスと呼ばれるもの)について。

琉球ガラス

観光スポットやおみやげ屋さんで、たくさん売られているガラス製品。
琉球ガラスと言われるものは、鮮やかな色合いが独特で、おみやげ品としても人気です。

けれども琉球ガラスは、昔からの伝統工芸品という感じとはちょっと違います。


琉球ガラス(沖縄ガラス)の歴史



第二次大戦後のアメリカ占領時、食料はもちろんガラスの原料となる物質も乏しい中、アメリカ軍基地で捨てられていたコーラなどの空き瓶を熔かして再利用し、ガラス製品を作ったのが今に続くいわゆる「琉球ガラス」の始まりだったと考えられています。
ただし最初は今のような工芸品としてではなく、あくまで生活用品のひとつとして作られたんではないかと思います。

もちろん、琉球王国は海上貿易の要の場所だったので、ガラス製品やその技術は比較的早く入って来ていたはずです。実際、ガラス製造も明治時代には沖縄で行われていたようです。

ただアメリカ占領時は、拾われてきた既に色がついた空き瓶を雑多に熔かして作ったため、できたガラスは独特の濃いめの色合いになりました。
また、製作過程で気泡が混入し、それもガラスを独特の風合いを持つものにしました。

「工芸品」として人気が出てきたのは、沖縄が「本土復帰」し、観光地化していく中でのことのようです。
そういった経緯もあり、今ではメーカーや職人さんも増え、いろいろな作風のガラス製品が作られるようになっています。原料も空き瓶の再利用ではなく、普通のガラス製品のように新規で作られる作品も多くなりました。


琉球ガラス(沖縄ガラス)購入時の注意点



それでも、多くの作品は鮮やかな色合いで素朴な形をしていて、そういった雰囲気のものが「琉球ガラス」である、とイメージが確立されつつあると思います。

ただやっぱり、「こうでなければ琉球ガラスとは言えない」という決まりごとはないです。
なのでいろんなガラス作品があるんですが、実は多くのおみやげ屋さんには、他と同じ商品しか売られていないことが多いです。

まだ「沖縄産」ならばいい方で、実は「ベトナム産」の商品も混じっていたりするので要注意です。
これは、沖縄のガラスメーカーが製造法をベトナムに持ち込んで、現地スタッフによって製作されたものです。(「だから製法は沖縄産だ」という主張もあるようです)

これを「琉球ガラス」であると納得して買うなら別にいいんですが、沖縄産だと思って買ったら実はベトナム産…となるとちょっとがっかりしてしまうのではないでしょうか。
私個人は、沖縄に来たならやっぱり沖縄産のガラス製品を買いたいと思ってしまいます。


もちろん、沖縄産とベトナム産、間違えずに買う方法はちゃんとあります。

たとえば、ガラス工房のある観光スポットでは、基本的にそこの工房で作られた商品が売られています。(おきなわワールドがそうでした。)

また、おみやげ屋さんによっては、「沖縄の職人さんが手作りした」ということをはっきり書いてくれているお店もあります。

それ以外でも、産地を示すシールが貼られていることが多いので、確認してみましょう。

これはベトナム産。
ベトナム産であることを示すシール
銀色の地に「MADE IN VIETNAM」と書いてあります。


これは沖縄産。
沖縄産であることを示すシール
金色の地に「MADE IN OKINAWA」と書いてあります。



人にあげるおみやげでも自分用でも、一度商品をチェックしてみてから買うことをおすすめします。


おすすめのお店や商品はまたおいおいご紹介ますね~


ではまた。



スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 琉球ガラス 沖縄ガラス 注意事項 おみやげ 沖縄旅行 米軍基地

観光旅行と天候 - 沖縄の台風

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄で台風を経験した私から、沖縄へ観光旅行にいらっしゃる方へ、僭越ながら天候に関して注意事項などを…

(過去記事「沖縄の台風」「降ってくるのは水だけじゃない」「ボディブロー的に」「事前にこそ慣れを感じる」


台風が接近した場合に限りませんが、大雨などの気象状況により、休業となる観光施設があります。

美ら海水族館では、大雨によって屋外でのショーが休止になっていました。(屋内施設は通常運営)

その時は、私がショーを見た直後に通り雨というか一時的な大雨が降り、ショーは休止ということになりました。
でも私が帰る頃には雨は止んで晴れていました。

天候が変わりやすいので、タイトなスケジュールを組んでいるとタイミング悪くお目当てのものを逃してしまう可能性もあるわけです…
逆に、余裕のあるスケジュールなら、ちょっと待ったら天気が変わって思いがけず…ということもあり得ます。


あるいは、台風が接近中という場合、観光施設が早めに休業してしまっている場合もあります。(過去記事「事前にこそ慣れを感じる - 沖縄の台風」

私自身、とある場所に行った際そこが休業していて「え?風がちょっと強いだけで雨も降ってないのに?」と思ったことがあります。

また、台風が過ぎた後に天候は回復していても、停電してたり施設の一部が損傷していたりで開業できない、という場合も。


一度書きましたが、生鮮食品の販売は何日か経った後に台風の影響が表れてきます。(過去記事「ボディブロー的に - 沖縄の台風」

なので、これまたタイミングが悪いと買い物できない場合があります。

例えば沖縄でお土産にフルーツを買おう、と計画したとします。
旅行は二泊三日、直前に台風が来たものの出発直前に通り過ぎたので無事に沖縄に行けた。
楽しく二日が過ぎ、最終日にフルーツを買って帰ろうと思いお店に行った。

なのに台風の影響で入荷してない、ということがあり得ます。

また、自宅へ配送してもらう場合にも、天候によっては指定した日時に届かない場合もあります。なので食品を配送する場合には賞味期限にご注意下さい。
あと、ムラサキイモやベニイモは生の状態での沖縄県外への持ち出しは禁止されているので、天候には関係ないですがこれまたご注意下さい。



こんな感じで沖縄観光において天候は考慮しておくべきリスクのひとつです。

ガイドブックやインターネットなどでは晴れ渡った海の写真が多いので、私もついつい晴れた沖縄ばかりを想像していました。
でも実際の沖縄の空はけっこう雲が多く、天気は変わりやすいです。
晴れた時の海はほんとにキレイですが、急に雲が増えて雨が降るということも多いです。

とくに9月。
まだ海で泳げる気候だし夏休みシーズンをちょっと過ぎた頃なので人出も減り穴場的時期…ではあるのですが、



あまりおすすめできません。

9月ごろは晴れが多めで暑さもやや和らいで、個人的にはいい季節だと思うんですが、たまに雲の多い日が続いてしまったり台風が来たりします。

うまいこと天気がよければ最高の旅行になると思いますが、逆に天気が悪いと残念な数日になってしまうと思います。

ご参考までに。



ではまた。




テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の天気 沖縄の天候 沖縄の台風 沖縄の生活 沖縄の観光 沖縄旅行 注意事項

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。