スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


八風畑(やふうばたけ) - 本島南東部のおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今回は本島南東部にあるカフェ「八風畑(やふうばたけ)」をご紹介します。

八風畑は「黒糖カフェ」と言ってもいいほどメニューが黒糖だらけです。
もともと自家栽培のサトウキビを原料に黒糖製造を行っていた農家さんが、敷地内に屋外カフェを作ったのだそうです。

他の地域だったら屋外カフェなんて冬にはツラいですが、さすが沖縄だけあって12月でも大丈夫でした。風はちょっと冷たかったですけど、陽が照ってあたたかかったので。

八風畑 テラスからの眺め

ピザやカレーなどの軽食メニューもおいしかったですが(また写真は撮り忘れた)、やっぱり甘いものがおすすめです。

黒糖ソフトクリーム

特に黒糖ソフトクリームは、そんじょそこらの黒糖入りのアイスやなんかとはレベルが違います。
黒糖独特のコクと風味がたっぷりです。

黒糖ぜんざいもありますが、八風畑に行ったら食べて頂きたいのが黒糖プリン。
(写真撮り忘れましたその2)

上にかかっているシロップはただの黒蜜じゃありませんでした。
たぶんあれは黒糖カラメルソース。
普通のカラメルソースとは違うほろ苦さと香りがたまりません。
ぜひ一度味わってみてください。

レジ横には黒糖やピーナッツ黒糖、黒蜜など、おみやげにできる商品が売られています。
私も黒糖買いました。自宅用にですけど。
テイクアウト用のプリンやロールケーキなんかもありました。

黒糖ソフトクリームはもちろんですが、黒糖プリンも何度でも食べたい感じなので、今度のチャンスにはきちんと写真撮ってくることにします。


ちなみにテラスからはカフェくるくまが見えます。

カフェくるくまの敷地

近くなので、はしごなんてのも十分ありだと思います。


店名:黒糖工房・青空喫茶 八風畑
所在地:南城市知念字知念1319
電話番号:098-948-3525
営業時間:11:00 - 18:00(夏季11:00 - 19:00)
定休日:無休
駐車場:あり(無料)
WEBサイト:http://www.manten-r.co.jp/




ではまた。
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のおいしいお店 黒糖 沖縄の飲食店

家具販売店 TODAY O!K と maxplus

こんにちは。サカイ(仮名)です。

首都圏から沖縄に移住してきてまだ一年経っていませんが、もうずいぶん生活が馴染んできました。
というか、つい最近まで家の中が「引っ越し直後」のような状態であまり落ち着いていなくてですね…
でもそこに収納家具を買って整理整頓したら、ようやく部屋の中がいい感じになりました。

とはいえわざわざこのブログで公開するのはアレなのでそこは割愛しますが、家具を買ったお店は、Living Design SQUARE awase(リビング・デザイン・スクエア・アワセ)。

沖縄では老舗の株式会社大川が展開しています。

アウトレット家具を格安で販売してくれるTODAY O!K(トゥデイオーケー)と、生活雑貨がひととおり揃ったmaxplus(マックスプラス)が併設されています。
外装がまだ工事中だったので撮影しませんでしたが、新しい施設なのでとてもきれいでした。

特にmaxplusは店内も明るく素敵な雰囲気。某東○ハンズみたいな。
キッチン用品、家具、ファブリック系、食器、テーブルウエア類…いろいろありました。

maxplus(マックスプラス) 店内 キッチン用品

maxplus(マックスプラス) 店内 家具

maxplus(マックスプラス) 店内 ファブリック系

maxplus(マックスプラス) 店内 食器

maxplus(マックスプラス) 店内 テーブルウエア類


もっと早い時期に来てれば、ここでいろいろ買い揃えられたのになーとか思いました。

また、加工品を中心に食料品コーナーもあります。

maxplus(マックスプラス) 店内 食料品コーナー

マックスプラスはヲサレでこじゃれた印象のお店ですが、TODAY O!Kの方は実用的な家具が所狭しと並び、これなら自分が求めているものが見つかるかも、と思えるような店内です。

TODAY O!K(トゥデイオーケー) 店内

私は実際どんぴしゃな商品を買えました(満足)

沖縄はお店のバリエーションが少なくて、身の丈に合ったお店が意外に見つけにくいなあと感じたりもしていました。でもここは実用的で、なおかつシンプルでちょうどいい雑貨や家具を扱ってくれていて、これからも何度か来ることになりそうです。
こういうところは何も買わなくても店内を見て回るだけでも楽しいし。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の生活

沖縄みやげにおすすめのお菓子 御菓子御殿編

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄土産にお菓子を買う場所として、案外間違いないのが御菓子御殿です。

ものすごく観光客向けな店ではありますが、伝統の流れを汲んだお菓子から、ベニイモ系のお菓子まで、どれも大きなハズレはありません。
さらに、多くの商品が試食可能なので、自分の舌で確認して選ぶことができます。
また、個包装で一個から売られているものも多いので、自分用に買ってホテルで食べてみて、気に入ったものを必要な数だけ買う、ということも可能です。すばらしい。
(御菓子御殿のまわし者のようだ)

そんな中で私が実際買って食べて、気に入ったお菓子をご紹介。

まずはベニイモ系としておすすめなのは、

紅いもようかん
20121228_3_01.jpg

おイモの風味が結構残っていておいしいです。
ただ、一個あたりの価格が220円とやや高めなのが難点。

100円台前半で買いやすく、なおかつおいしいのは

いもこ
いもこ

紅いも焼
いもこ

ただこの二つは包装も似てて、印象が被りますごめんなさい。


そして紅いもタルト
紅いもタルト
今やメジャー格。
Nanpo(ナンポー)よりも御菓子御殿の方がおいしいです。

どれも個包装なので学校や職場で配りやすいです。


沖縄の伝統菓子系としてはやっぱりちんすこう
ちんすこう
一個(一包装)42円というすばらしい価格。
特に私はココナッツちんすこうが大好きです。

最近出てきたのは塩胡麻ちんすこう
塩胡麻ちんすこう
ちょっと目新しいものをおみやげにしたい、という時にいかがでしょうか。


そして私が大好きなのがこんぺんです。
(うちなーぐちでは「くんぺん」とも発音されるもよう)
こんぺん(くんぺん)
こんぺんは、ちょっと硬めで水分の少ない甘食、という感じのお菓子。
中に何も入っていないプレーンなものもありますが、私はピーナッツペースト入りが好きです。
一個100円というお手頃価格。


もちろんおみやげを買える場所は御菓子御殿の他にもたくさんあります。
でも、観光の要所要所にあると言える御菓子御殿。(読谷村、恩納村、国際通り、那覇空港、等)
たくさん買うにも便利だし、その場で発送手続きもしてくれるので、ぜひご活用ください。

御菓子御殿 公式WEBサイト
http://www.okashigoten.co.jp/

以上、お菓子御殿の回し者記事でした。
おゼゼはもらってません。

ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄旅行 おみやげ 御菓子御殿

琉冰(りゅうぴん) - 本島西海岸のおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄は12月になっても気温20度前後というどこが冬じゃ的な気候が続いています。
(でも沖縄の人は寒がってダウンジャケットとか着てます。)
だからというわけではないですが、暑い季節におすすめのデザートが食べられるお店をご紹介します。


琉冰(りゅうぴん)

北谷町のアメリカンビレッジや、おんなの駅にあるかき氷(≒ぜんざい)のお店です。

琉冰 おんなの駅なかゆくい市場店

ここのおすすめは、「アイスマウンテン」つまりは山盛りのかき氷。
と言っても氷が山盛りなのではなく、このように

琉冰 アイスマウンテン(かき氷)

具材が山盛りなのです。
ひとつで二人前はあります。
一人で食べるのはツラいものがあります。
値段は850円~とややお高く思えますが、二人分と考えればそうでもないような。

ちなみに写真は、ベニイモとじーまーみー(ピーナッツ)のハーフ&ハーフのアイスマウンテン。
写真ではちょっと溶けちゃってますが、上にはアイスが乗っています。

他にも、季節のフルーツが山盛りになったアイスマウンテンがあります。
7~8月には生マンゴーが乗ったアイスマウンテンも発売されます。
(それ以外の季節はたぶんパック加工されたもの)

そのほかにも黒糖きなこなどメニューがバリエーション豊富なので、一度と言わず二度三度と行かれてみてはいかがでしょうか。


店名:琉冰 Ryu-Pin おんなの駅なかゆくい市場店
所在地:恩納村仲泊1656-9(おんなの駅内)
電話番号:090-5932-4166
営業時間:10:00 - 19:00
定休日:無休(年末年始除く)
駐車場:あり(無料)

店名:琉冰 Ryu-Pin 北谷美浜店(アメリカンビレッジにあるデポA.B.C館)
所在地:北谷町美浜9-2 (デポB館1F)
電話番号:080-2742-9002
営業時間:10:00 - 21:00
定休日:無休(年末年始除く)
駐車場:あり(無料)




ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のおいしいお店 沖縄のぜんざい かき氷 アイスマウンテン フルーツ 沖縄の飲食店

琉球銘菓 三矢本舗 - さーたーあんだーぎーのおすすめ店

こんにちは。
さーたーあんだぎーで別腹が発動するサカイ(仮名)です。

今回の記事でご紹介するのは「琉球銘菓 三矢本舗」

琉球銘菓 三矢本舗 おんなの駅なかゆくい市場店

道の駅にも出店しているので立ち寄りやすいお店です。
しかもおいしい。

プレーンの他に、黒糖、紅いも、田芋、ゴマ、カボチャ、モカ(コーヒー)、チョコの8種類の味があります。

8種類の味がある三矢本舗のさーたーあんだぎー

でも私は例のごとくプレーンが一番好きです。

三矢本舗のさーたーあんだぎー

生地はやわらかめで揚げたてはふんわりして食べやすいです。
私自身は、ちょっと冷めて硬くなったのも食べ応えがあって好きだったりもするんですが…


ではまた。


琉球銘菓 三矢本舗 WEBサイト:http://mithuya.ti-da.net/



店名:琉球銘菓 三矢本舗 瀬良垣店(本店)
所在地:恩納村瀬良垣1288
電話番号:098-966-2253

店名:琉球銘菓 三矢本舗 道の駅許田店
所在地:名護市 許田17-1
電話番号:0980-52-3021

店名:琉球銘菓 三矢本舗 おんなの駅なかゆくい市場店
所在地:恩納村仲泊1656-9
電話番号:090-6861-1943

店名:琉球銘菓 三矢本舗 うるまシティプラザ店
所在地:うるま市江洲507
電話番号:098-973-0380

店名:菓子工房 三矢
所在地:本部町伊豆味2821-2
電話番号:0980-47-3028




テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの さーたーあんだーぎー 沖縄旅行 おみやげ 沖縄のお菓子

おんなの駅なかゆくい市場(恩納村の道の駅)

こんにちは。サカイ(仮名)です。

道の駅やそれに似たものは沖縄県内にもいくつかあります。
全部に行ったことがあるわけではありませんが、行ったことのある中で一番気に入っているのが「おんなの駅」こと恩納村の道の駅です。

おんなの駅なかゆくい市場(恩納村の道の駅)

国道58号線沿いにあるアクセスのしやすさ、島野菜や果物が豊富に直売されていること、など、お気に入りポイントはいくつかありますが

最大の理由はおいしいものを出しているお店がたくさんあることです。
(わかりやすすぎ)

もちろんおみやげとしてのお菓子等もたくさん売っていますが、せっかく立ち寄るならその場で何かしら食べてみることをおすすめします。

沖縄そば、タコライスなど、がっつり食べられる系もあれば、小腹が空いたときにちょっとぱくつくのにちょうどいい屋台もあります。
上の写真の庇の下がちょっとしたフードコートのようになっているので、あの店この店で好きなものを買って席で食べることができます。屋内席はないですが沖縄は温暖なのでほとんど気になりません。

そしておすすめのお店をご紹介…と思ったら甘いもの系だけになってしまいました。


琉冰(りゅうぴん)
琉冰(りゅうぴん)

かき氷のお店…ではありますがそんじょそこらのかき氷ではありません。
人気はマンゴーなどのフルーツとアイスが山盛りのアイスマウンテン。
詳しくはこちらの記事で≫「琉冰(りゅうぴん) - 本島中部のおすすめのお店」


三矢本舗
20121228_2_03.jpg

以前さーたーあんだーぎーの記事でご紹介した三矢本舗はおんなの駅にもあり、私は行ったら必ず食べてます。
詳しくはこちらの記事で≫「琉球銘菓 三矢本舗 - さーたーあんだーぎーのおすすめ店」


おんなの駅は、きれいな海が見られる真栄田岬やシュノーケリング&ダイビングのスポットとして有名な青の洞窟の近くにあります。
訪れやすい場所にあるので、ぜひ一度行ってみてください。
ただし、カロリーを気にする方は行かないほうがいいと思います…

おんなの駅なかゆくい市場
所在地:恩納村仲泊1656-9
電話番号:098-964-1188
営業時間:10:00 - 19:00
定休日:無休
駐車場:あり(無料)




ではまた。




テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の観光 観光スポット 沖縄旅行 道の駅 恩納村

12月なのに裸足 - 沖縄の冬の服装

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日は12月28日。
年の瀬迫る冬です。

なのに沖縄はちょっと湿度が高く、蒸し暑いほどではないですが、あたたかくて過ごしやすいです。
昨晩ちょっと雨が降ったらしくて、そのおかげで空気もさわやかです。

そこで、今日の昼間は窓を開けて裸足でした。

はだし

ちなみに半袖です。



今12月ですよ12月。

関東では考えられませんよこんなの。

とはいえいつもこんなに暖かいわけではないです。
屋内でも靴下必須、長袖2枚、着る毛布、というような日もあります。

外では、陽が照ると暑いくらいの日もあるんですが、いったん風が吹くと結構強くなおかつ冷たいので、ダウンジャケットを着る人も多いです。

どんな服を着ればいいか、今の季節が一番困るかもしれません。
Tシャツだけでちょうどいい時もあったり、コートがないとキツい時もあったり。

今の季節に他の地方から沖縄に旅行に来られる方は注意が必要になりそうです。

薄手のロングスリーブTシャツ、あるいは普通のTシャツ、ちょっとだけ厚手の長袖のはおりもの、あとは風を通しにくいコートがあるといいと思います。
それらをうまく重ね着すれば快適に過ごせるのではないでしょうか。
あと、靴下など足元も必要に応じてあたたかくできるように準備したほうがいいと思います。

ご参考までに。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の天気 沖縄の天候 沖縄の気候 沖縄の生活

来年のダイアリーは沖縄手帳

こんにちは。サカイ(仮名)です。

12月も末になり、今年もあと数日。(ひぃいいい…)

新年への準備としてやらなきゃいけないことがあれこれあって、ひたすら焦るばかりです。
でも、もう既に準備を終えたものがひとつあります。
来年の手帳です。

沖縄手帳


このところ世間に起こっている手帳巨大化傾向に見事に乗っかったA6サイズ、厚さ約1.3mmの大きめのダイアリーです。
こんなに大きなダイアリーを持つのは人生初です。

いやそんなことは今日の主題ではありません。

この手帳、ただのシーサー柄のでかい手帳ではありません。

沖縄手帳なのです。

伝統行事とか、旧暦の日付とか、自治体の情報とか、沖縄で暮らすのに便利な情報が載っています。

これが書店店頭に置かれていたので、せっかくだからただの手帳ではなくて沖縄手帳を使ってみようと思ったのでした。

沖縄手帳売り場

それにしても、沖縄手帳のコーナーがやたら大きいです。

沖縄手帳売り場

ワンフロアだけの大きくもない書店なんだけどいいのかしら…


ではまた。


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。