スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あげぱん工房アントシモ - 那覇市内のおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

突然ですが、わたくし素晴らしいあんドーナツに巡り会いました。

<あんドーナツ語り>
一口にあんドーナツと言っても、実は結構お店によって異なります。
ドーナツ生地かパン生地か、
つぶあんかこしあんか、
周りに砂糖がまぶしてあるかないか、
砂糖がまぶしてあるとしたらグラニュー糖か粉砂糖か、
など。
私が好きなのは、パン生地の中につぶあんが入っていてグラニュー糖がまぶしてあるあんドーナツです。
</あんドーナツ語り>


そして、沖縄に来て以来初めて好みのあんドーナツと巡り会いました。

アントシモ(今回行ったのは奥武山店)

アントシモ

アントシモ

揚げパン専門のお店なのですが、商品名がとても特徴的です。

Aパン 小豆あん(とおもち)入り
Bパン ベニイモあん(とおもち)入り
Cパン カレー(とラフテー)入り
Gパン ごまあん(とおもち)入り
Jパン ジャガイモ入り
Oパン オリジナルカレー入り

そして、外側にはパン粉や砂糖ではなく、米粉の粒でした。
揚げる前に外側にまぶし、油で揚げることでサクサクカリカリの食感に。

私は今回、Aパン、Bパン、Gパンを食べました。(全部甘い系)
甘いあんのパンにはもち入りというのがなんとも素晴らしいです。

Aパンは、パン生地、つぶあん、と非常に私好みでとてもおいしかったです。
まぶしてあるのは砂糖ではありませんでしたが、米粉の方が甘すぎなくておいしいかも、と思いました。

このお店は注文してから揚げるスタイルなので、だいたい5分ほどかかるようです。でもこういうのは待つのも楽しみのうちなのです。
まずはBパンを揚げたてで頂きました。パンがさっくりもっちりでおいしいです。
でもたぶん、20分~30分くらいおいて少し冷めたくらいが一番食べごろかもしれません。少し冷めても米粉の粒のおかげでサクサクの食感があるし、熱々すぎない方がパンや中身の風味を楽しみやすいと思います。

そしてGパンは間違いなしにおいしいです。(何しろごまあん)

私が行ったのは奥武山(おうやま)公園近くのお店ですが、アントシモは2箇所店舗があるので、小腹が空いたときなどぜひ立ち寄ってみてください。

WEBサイト: http://antoshimo.jp/

2013年9月追記:
奥武山店は閉店したようです。
現在は4店舗営業しているようです。




店名:あげぱん工房アントシモ 前島本店
所在地:那覇市前島2-17-2
電話番号:098-861-2087
営業時間:10:30 - 19:00(売りきれ次第終了)
定休日:祝祭日
駐車場:あり(無料)

店名:あげぱん工房アントシモ 恩納サンセットモール店
所在地:恩納村名嘉真2199-1
電話番号:098-967-7553
営業時間:12:00 - 20:00(売りきれ次第終了)
定休日:なし(年中無休)

店名:あげぱん工房アントシモ 西原きらきらビーチ前ムーンテラス東崎内2F
所在地:西原町東崎22-3 ムーンテラス東崎C棟2F
電話番号:098-943-9433
営業時間:10:30 - 19:00(売りきれ次第終了)
定休日:月曜日(ただし祝日の場合は営業し、翌火曜日に休業)
駐車場:あり(無料)

店名:あげぱん工房アントシモ 美里店
所在地:沖縄市東2-1-14
電話番号:098-929-0001
営業時間:11:00 - 21:00(売りきれ次第終了)
定休日:水曜日


(旧店舗)
店名:あげぱん工房FCアントシモ 奥武山店
閉店し営業していないようです。(2013年9月現在)



ではまた。
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄のおいしいお店 沖縄の飲食店

もとぶ牧場 - 本部牛が食べられるお店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄は、お肉がおいしい土地柄です。
鶏肉も豚肉も牛肉もおいしいです。
ヤギ肉はまだ勇気がなくて食べてませんが…。

沖縄の地元ブランドの牛肉は値段はかなり張るもののとてもおいしいです。
そのひとつが本部町(もとぶちょう)の本部牛。
本部牛を専門に扱っているのがもとぶ牧場という農業生産法人の会社です。

そのもとぶ牧場の直営店が沖縄県内に2店舗あります。
那覇の中心地にも店舗がありますが、今回行ったのは正に本部町にある店舗です。
美ら海水族館に行く折などに利用しやすい場所だと思います。

私が行ったのはランチの時間帯だったのですが
焼肉は高いので
カレーを注文。(800円でした)

でも、このカレーがまたおいしかったのです。

もとぶ牧場 ビーフカレー

正にビーフカレーという感じで、ルーは肉の旨みで濃厚、煮込んだ牛肉は口でとろけるくらいやわらかいです。

ああ思い出すだけでまた食べたくなってくる…

そんなカレーなのでした。




店名:焼肉 もとぶ牧場 もとぶ店
所在地:本部町字大浜881-1
電話番号:0980-51-6777
営業時間:ランチ11:00-15:00 ディナー17:00-22:00
定休日:水曜日
駐車場:あり(無料)
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/f556000/

店名:焼肉 もとぶ牧場 那覇店
所在地:那覇市久茂地2-1-3 久茂地MKビル3F
電話番号:098-943-3897
営業時間:ランチ11:00-15:00 ディナー17:00-22:00
定休日:無休
駐車場:なし
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/f556001/


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄旅行 沖縄のおいしいお店 沖縄の観光 沖縄の飲食店

風庵 - 本島南部のお店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日は本島南東部にあるお店をご紹介…しますが、小さなこじんまりしたお店なのであんまりこういうところで書かない方がいいのかな、でもガイドブックには載ってる店だし…といろいろ迷いながらの紹介となります。

風庵

風庵 店舗

ぱっと見お店とはわかりません。
でも中には一応食事処らしい席があります。

風庵 店内

とてもいい雰囲気。(住みたいと思った)

でも、気軽に入れる食事処というよりも、やちむん(焼き物)職人さんが器の披露を兼ねてコーヒーやぜんざいを出してくれている感じです。

風庵 コーヒーと器(うつわ)

店内には、売り物らしき焼き物がたくさん飾ってありました。
たぶん開店当初とはちょっと営業の仕方が変わったんだと思います。
現在、食事はコースのみでいずれも予約が必要です。(4,200円のコースは三日前までに予約が必要、2,000円のコースは当日予約可)

なので、ちょっと敷居が高いのかなと最初思いましたが、ご主人(たぶん)とおかみさん(たぶん)はとってもやさしくて、「昼食時間は過ぎたから、どうぞのんびりしていってください」と言ってくれました。

私は、ガイドブックで見たぜんざいを食べたかったのですが、もしかして今は単品では注文できないのかな…と不安になりつつお願いしました。でも、どうやら普通に単品として頂けるようでした。
よかった…

こちらのぜんざいの特徴はかぼちゃ餡。

かぼちゃぜんざい

かぼちゃ餡と金時豆が一緒になると特別なおいしさでした。
氷が少し底に入った冷たいぜんざいと、あたたかいぜんざいがあります。
おすすめは冷たいぜんざいかなーと思います。

コーヒーは注文後に豆を挽いて淹れてくれるのでちょっと時間はかかるものの、とてもおいしいです。酸味が強めで、冬瓜漬(謝花きっぱん店の冬瓜の砂糖漬)との相性が、あまりによすぎてびっくりでした。

そんなわけでとても素敵なお店です。
焼き物の購入もできるので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。


店名:陶冶処 風庵
所在地:八重瀬町字友寄108
電話番号:098-996-0020
営業時間:平日11:30-15:00 土日祝日11:30-16:00
定休日:火曜日
駐車場:あり(無料)




ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄のおいしいお店 沖縄の食べもの ぜんざい 沖縄の飲食店

美ら海水族館

こんにちは。サカイ(仮名)です。

さて今日ご紹介するのは、美ら海水族館です。

1年近く棲んでて今さらかよと思いますが、なぜ今かというと。

つい先日、ようやく晴れた日に美ら海水族館に行けたからです。

美ら海水族館 入り口

沖縄は意外に晴れの日が少ないということは以前記事にしました。
(過去記事「観光旅行と天候 - 沖縄の台風」)

今回はすっきり晴れてきれいな青空、とまでは行きませんでしたが、さんさんと降り注ぐ太陽のおかげで海は青くきれいでした。

美ら海水族館から見える海

時間が合わなくてイルカショーは観られませんでしたが、そのあと小規模に行われるダイバーショー(水族館スタッフの人とイルカの水中ショー)を観られました。

美ら海水族館 イルカとダイバーショー

晴れたおかげでイルカの動きがいっそうきれいに見えました。

今回は以上です。


ビタ一文払ってません。


そう、美ら海水族館は無料で充分楽しめるのです。

厳密には、「美ら海水族館」は「国営沖縄記念公園(通称:海洋博公園)」の中にある施設であり、美ら海水族館の建物内に入るには入場料が必要です。
でも、本館建物外で行われるイルカショーやダイバーショー、マナティーやウミガメの観察などはお金を払わなくていいのです。

私も、一度はちゃんと入場料を払って水族館内を観てきました。

美ら海水族館 巨大水槽とジンベイザメ

やっぱりこの巨大水槽のまん前で見るジンベイザメは圧巻です。

それでも、繰り返しになりますが、無料でも充分楽しめる場所です。

那覇市からは遠いのが難点ではありますが、晴れた日にはさらにきれいな海洋博公演と美ら海水族館、何度か行かれてみてはいかがでしょうか。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 美ら海水族館 沖縄旅行 沖縄の観光 沖縄の観光地 沖縄の天気 沖縄の天候

黒糖を買うときは裏を読む

こんにちは。サカイ(仮名)です。

皆さん、黒糖(黒砂糖)お好きですか?
私は大好きです。

黒糖は、特産品としてそのままおみやげにされたり、お菓子に使われておみやげ品になったりと、沖縄みやげの代表格のひとつになっています。

近所の某大手スーパーでも何種類も売っているので、私も一口サイズのブロック状になったものをよく買って食べています。

そうしていろいろ買っているうちに、ある時私は気付きました。

パッケージ(の主に裏)に書かれている「名称」と「原材料」の表示が、商品によって異なることに。


名称:黒糖
原材料:さとうきび


名称:黒糖菓子
原材料名:粗糖 糖蜜 黒糖

商品によっては「原材料:粗糖 糖蜜 黒糖 水飴」というのもあります。



こ、困った時のウィキペディア!(ヘルプミー)

「黒糖」や「加工黒糖(黒糖菓子)」については「黒砂糖」
「糖蜜」 「粗糖」 「水飴」

これらを参照してみると、

「黒糖」と表示していいのは、サトウキビの絞り汁(に石灰を加えて不純物を取り除いたもの)を煮詰めたもののみ。

「加工黒糖」と表示しなければいけないのは、「黒糖」を使用してはいても、粗糖や糖蜜など他の砂糖類を加えた場合。

糖蜜:砂糖類を精製する際にできる、糖分以外の成分も含んだ液体
粗糖:サトウキビの絞り汁をある程度まで精製させたもの
水飴:デンプンを糖化したもの。主成分は麦芽糖


なんとなくわかってきました。

実際食べ比べてみると、「加工黒糖」も充分コクのある「黒砂糖の味」なのですが、「黒糖」の方がずっと味もコクも個性も強く、場合によっては微かな苦みさえ感じるほどです。
それに比べると「加工黒糖」は食べやすい味とも言えると思うのですが、「黒糖」を食べた後だと「加工黒糖」はなんとなく物足りない、というのが私の感想です。

サトウキビの絞り汁100%なのが「黒糖」
でもそれだけだとクセが強かったりするので食べやすく加工したものが「加工黒糖(黒糖菓子)」
という感じのようです。

サトウキビ100%の「黒糖」の方がより沖縄らしいと言えば言えるのかもしれません。

さらに、一口にサトウキビと言っても、産地によって味が異なります。
私が今まで食べ比べてみた、本島南東部の某所の黒糖と波照間島産の黒糖はずいぶん味が違いました。

産地や原材料によって味が変わってくるので、おみやげなどにする際はいろいろ選んでみるというのもいいのではないでしょうか。

私も、これからいろんな黒糖を食べ比べてみたいと思います。

ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの おみやげ 黒糖

キャプテンカンガルー - 本島北部のおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

さて、沖縄ではステーキやピザのお店が「なんとなく多いと感じる」ことは前にも書きました。

さらに、最近多いと気付いたのはハンバーガーのお店です。
全国展開しているハンバーガーチェーンももちろんありますが、一店舗だけでハンバーガーを売っているお店もかなりあります。

そんなわけで今日は、そんなお店のうちのひとつをご紹介。

キャプテンカンガルー

キャプテンカンガルー 看板
この看板が目印

キャプテンカンガルー 店内

キャプテンカンガルー ハンバーガー

これは一番スタンダードなハンバーガー。
単品で600円。
ポテトをつけるとプラス200円。
ここのハンバーガーはでっかくてボリュームがあるので決して高くありません。
パテは厚くジューシー、ソースはほんのりスパイシー、少し焼いて焦がしたチーズが香ばしい、そしてバンズがうまい。

私そもそもハンバーガー大好きなんですが、ここのハンバーガーはすごく気に入りました。
他にもいろんなバーガーがあったので、また行きたいです。


店名:キャプテンカンガルー
所在地:名護市宇茂佐183
電話番号:098-054-3698
営業時間:11:00 - 20:00
定休日:水曜日
駐車場:あり(無料)



そして北谷町にもお店が出てるようです。

店名:カフェ キャプテンカンガルー
所在地:北谷町美浜15-68 ドラゴンパレス1F
電話番号:098-936-0066
営業時間:11:00 - 21:00
定休日:不定休


おまけ:
名護のお店の駐車場に猫がいました。
ここのお店の猫なのか野良猫なのかわかりませんでしたが、結構人には慣れていました。でも何だか落ち着きがなくて写真がちゃんと撮れませんでした。


ねこ



ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のおいしいお店 ハンバーガー 沖縄の飲食店

ぼろぼろじゅーしぃ

こんにちは。サカイ(仮名)です。

以前じゅーしぃについての記事を書きましたが、その後新たな発見があったので今回はその件をご報告。

とある食堂でお昼を食べようとメニューをみたらそこにあった文字は

「ぼろぼろじゅーしぃ」
「くふぁじゅーしぃ」

…?
と一瞬思いましたが、料理の写真を見て理解しました。

ぼろぼろじゅーしぃ:汁気が多く、雑炊かお粥のようなじゅーしぃ
くふぁじゅーしぃ:汁気が少なく、いわゆる炊き込みご飯に近いじゅーしぃ

ということのようです。
どうやら、私がこれまで「じゅーしぃ」と思っていたのは「くふぁじゅーしぃ」だったようです。

ではここではぼろぼろじゅーしぃを頂こう、と思い注文。

ぼろぼろじゅーしぃ

一口食べて、これは煮物の煮汁で作ったぼろぼろじゅーしぃかな、と思いました。
煮物の具材の味が全部入っている感じで、非常に複雑な味わいでした。

沖縄で「煮物」というと、概念的な煮物ではなく、特定の具材が入った煮物のことになります。「煮物定食」とかあるので、今後またレポします。

正直、結構ディープなものを頂いたと感じました。
そして、たぶんここのお店ではもう注文することはないかな…と思いましたすいません。

以前も某所で試食的にぼろぼろじゅーしぃを頂いたことがあったのですが、それもかなりディープな感じでした。その時は驚きましたが今回注文したじゅーしぃを食べてみて、あれは別に普通なものだったんじゃなかろうかと思い直しました。

沖縄料理ってやっぱり必ずしも万人に好まれる味ではないのかもしれません。

でも、これからもいろんなお店でじゅーしぃや他の沖縄料理を食べていきたいと思います。

ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの じゅーしぃ 沖縄の飲食店

Bufalo(ブッファロ) - 本島南東部のおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日もまたピザのお店をご紹介します。
今回はイタリアン系ピザのお店。
正直あんまりこういうところで教えたくないくらいお気に入りのお店です(心狭い)

ブッファロ

ブッファロ 店舗外観

ブッファロ 店内

カウンター席からも厨房が見えるので、こねた生地を広げて具材を乗せ、石窯へ入れて焼くという行程が全部見えます。

ブッファロ 店内 カウンター席

パニーニなどの軽食やパスタもありますが、やっぱりおすすめはピザ。

ブッファロ ピザ

ブッファロ ピザ

どのピザもおいしいですが、私が好きなのは「ロマーナ」というピザ。
アンチョビが苦手でなければおすすめです。

そして私が一番好きなのは実は生地だったりします。
風味がよくてもっちりで激旨です。


店名:ピッツェリア・ナポリターナ ブッファロ
所在地:豊見城市字宜保259
電話番号:098-987-7552
営業時間:ランチ11:30-15:00 ディナー18:00-24:00
定休日:お盆、正月
駐車場:あり(無料)
WEBサイト:http://www.bufalo.jp/



ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄のおいしいお店 ピザ 沖縄の飲食店

富士家 泊本店 - ぜんざいのおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日はぜんざいのお店をご紹介します。

富士家 泊本店(ふじや とまりほんてん)

富士家 泊本店

ここのぜんざいの特徴はなんと言っても氷。

富士家のぜんざい

沖縄のぜんざいは金時豆を甘く味付けして煮込んだものがベースになっていることは過去記事「沖縄のぜんざい」で書きました。
富士家のぜんざいは、その豆の煮汁で氷を作っています。
なので、氷だけでも味があり、氷が溶けても味が薄くならないという素晴らしいギミックの一品です。
奥に写っている黒糖ぜんざいは、黒糖を溶かした水で氷を作っているので、これまた氷自体に味があります。

富士家は那覇の中心市街地からは少し離れていますが、ここのぜんざいはおすすめです。
店内も民家風でいい雰囲気。

富士家 泊本店

店名:ぜんざいの富士家泊本店
所在地:那覇市泊2-10-9
電話番号:098-869-4657
営業時間:11:00 - 22:00
定休日:(不明)
駐車場:あり(無料)
WEBサイト:http://www.zenzainofujiya.com/




ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの ぜんざい 沖縄料理 沖縄旅行 沖縄の観光 沖縄のおいしいお店 沖縄の飲食店

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

こんにちは。サカイ(仮名)です。

以前の記事で、沖縄アウトレットモールあしびなーについて書きました。

今回は、あしびなーのすぐ近くにある飲食店をご紹介します。

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

店名:沖縄菜園ビュッフェ カラカラ
所在地:豊見城市字豊崎1番1193
電話番号:098-840-2280
WEBサイト:http://karakara-okinawa.com/

沖縄の食材を使ったメニューが豊富なのが特徴。
それほどディープな沖縄料理はないものの、食べやすくておいしい料理が揃っています。
ビュッフェ形式なので、好きなものを好きなだけ食べられます。

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ 店内

種類がとても多いので、ちょっとずついろいろ食べるのがおすすめです。

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

沖縄そばやじゅーしーもあります。

店内の壁には、沖縄の伝統芸能をモチーフとしたでっかいイラストが。
沖縄菜園ビュッフェ カラカラ 店内
これは沖縄の伝統舞踊に遣われるお面の絵。


あしびなーに行った際に行きやすい場所にあるし、料理もおいしいお店です。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の観光 沖縄旅行 沖縄料理 沖縄の飲食店

ゆし豆腐

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄には「ゆし豆腐」というものがあります。

簡単に言えばおぼろ豆腐のことです。

ゆし豆腐

ふつうの豆腐は、豆乳ににがりを加えてから型に入れて形をつくるわけですが、おぼろ豆腐は型に入れる前のふわふわの状態です。

沖縄では、固形化したおぼろ豆腐の部分と分離した液体の部分が一緒になってビニール袋に入れられて売られています。
スーパーでも当たり前のように。
これを汁ごと温めて出汁を加え、塩やしょうゆで味付けして食べます。
飲食店などでもよくメニューに載っています。

ただし、沖縄の豆腐には特徴というかクセがある場合があるのです…

詳しくはまた別個まとめます。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄料理 豆腐 沖縄の飲食店

今日はムーチーの日

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日はムーチーの日です。
「ムーチー」は音からしてモチ(餅)とつながっていると思われます。
沖縄では、もち米粉に白糖や黒糖を加えて練って平たくのばし、月桃(げっとう:別名サンニン)やクバの葉に包んで蒸した餅菓子のことを指します。
葉のことを「カーサ」というので、「カーサムーチー」と言われることもあるようです。

今日、旧暦の12月8日はムーチーの日ということで、近所の某大手スーパーでも売られていました。

ムーチー

ムーチー

これを食べて無病息災を祈ったり、食べた後の葉を玄関などの出入口に吊るして厄除けとするのがムーチーの日の伝統らしいです。

味はと言うと、餅自体は素朴なもので正直特別おいしいとは思いませんでしたすいません。しかも、餅を包む葉の匂いがちょっと強く、私自身は苦手に感じました…
でもその匂いがする葉のおかげで菌とか除けられて保存がきくんだと思います。

さてこの「むーちー」。
漢字では「鬼餅」と書かれるようです。でも「鬼餅」となると本来は「うにむーちー」と読むことになります。
ではなぜ旧暦12月8日の「むーちー」は「鬼餅」なのか。
そこには、ムーチーの日の由来となる昔話というか民話があるようです。
ざっくり言えば鬼退治なんですが、その詳細は



どうか「ムーチー 由来」とかで検索してくだせえ。

ちょっと…怖いのですよ。
民話らしいといえばらしいというか、ちょっと神話っぽいというか。話によっては「ほと」も関係します。興味深いと言えば興味深いのですが

やっぱちょっと怖いのですよ。


ところで、この時期は沖縄でも寒さのピークとなり、その寒さを「ムーチービーサー」と呼びます。
そして明日は二十四節気の「大寒」。一年で一番寒いとされます。
でも、逆に言えばこれから暖かくなっていくことになります。
ムーチーの日と大寒の日が近いのは偶然じゃない気がします。

一番寒い時期にお餅を食べて元気を出して、暖かい季節を迎えよう、という感じなのでしょうか。
ムーチーの由来の民話も、よくよく考えるとそのあたりとリンクしているようにも思えます。

ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のお菓子 沖縄の行事 沖縄の習慣 ムーチー 鬼餅

ふくぎや (バウムクーヘン専門店) - おすすめ沖縄おみやげ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日は国際通りのバウムクーヘン専門店「ふくぎや」をご紹介します。

ふくぎや 国際通りにあるバウムクーヘン専門店

最初に申し上げます。

非常においしいです。

ふくぎや 店頭
店頭でバウムクーヘンを焼いている工程が見られます。

ふくぎや 店内
小さいお店なので店内は狭め。
比較的人出の少ない午前中に行くのがおすすめです。


ふくぎや 「フクギ」

プレーンタイプの「フクギ」とハードタイプの「ガジュマル」があります。どちらも直径十数センチほど。
沖縄の樹木の名前がついた、まさに木の年輪のようなバウムクーヘンです。

しかも非常においしいです。(2度言った)

プレーンタイプの「フクギ」はしっとりふんわりやわらかめの生地。

ハードタイプの「ガジュマル」は、しっかりした生地。生地に黒糖が練りこまれていて、外側にも黒糖がついていてさくっとした食感。
私は個人的に「ガジュマル」が好きですかなぁ…

ベニイモが練りこまれた「紅の木」もあります。

試食コーナーもあるので、ぜひ一度試してみてください。

20130117_05.jpg

写真は、左から、S、M、Lサイズで厚さが選べます。とはいえ、直径が十数センチあるのでご覧のとおり結構大きいです。
自分でちょっとつまむ程度の量がほしい、という場合には、「フクギのかけら」「ガジュマルのかけら」がおすすめです。バウムクーヘンのはじっこ部分を一口大に切り落としたものが手のひら大の袋に詰められていて、自宅用にちょうどいいと思います。

「フクギ」も「ガジュマル」も両方食べたい、という場合はフクギとガジュマルのハーフ&ハーフである「ゆいまーる」もあります。(写真上段右側)ただしMサイズのみです。

国際通りのこの店舗しかないのでレアリティは高めと思われ、おみやげとしては個人的にイチオシです。ある程度日持ちしますし。(比較的涼しく直射日光の当たらない常温の場所で)
ただ。
水平を保った方がいいため、手に持つとなると若干かさばります。
飛行機などに持ち込んだり、持ち歩く際にはお気を付けください。

店名:ふくぎや
所在地:那覇市久茂地3-29-67
電話番号:098-863-8006
WEBサイト:http://www.fukugiya.com/



ではまた。


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄旅行 おみやげ 国際通り

沖縄のぜんざい

こんにちは。サカイ(仮名)です。
今日は沖縄のぜんざいについて。

沖縄のぜんざい

沖縄で「ぜんざい」というのは、甘く煮込んだ金時豆(小豆であることもなくはない)を器の底に盛り、その上にかき氷をのせたものを言います。たいていの場合は白玉が入ります。

沖縄のぜんざい
これは富士家というお店のぜんざい。
氷は金時豆の煮汁を凍らせて削ったものなので溶けても味が薄くならないという。


しかし、推測するに本来は煮込んだお豆のことを「ぜんざい」と言ったのではないかなと。
白玉などのお餅系が入ることもあったかもしれません。
ただ、甘くなったのは砂糖が手に入りやすくなってからで、氷が入ったのは冷凍庫の普及がある程度広まってからではないでしょうか。

とはいえ、現在ふつうに「ぜんざい」と言うとほぼかき氷になります。
(たまに、氷は無しで、甘く煮た金時豆だけが出てくることもある)

沖縄では普通のかき氷よりも「ぜんざい」がメジャーで強いです。
食店のデザートとして半ば定番的にメニューに載ってます。
氷いちごとかのいわゆる普通の「かき氷」は、たまに「みぞれ」と呼ばれるようです。「みぞれ」や「かき氷」もいろんなところのメニューにあるにはありますが「ぜんざい」の陰に隠れてしまっている感じです。

そして、沖縄ではほぼ一年中食べられています。
沖縄の人は気温20度前後で「寒い」と言い出しますが、それでもぜんざいは食べるようです(謎)

一口に「ぜんざい」と言ってもいろんなバリエーションがあります。
黒糖(黒蜜)やコンデンスミルクがかかっていたり、じーまーみー(ピーナッツ)を甘く煮たものが乗っていたり。

ちなみに、おしるこや沖縄県外でいうぜんざいを指す場合は「あたたかい(ホットの)ぜんざい」と言います。
もちろん小豆よりも金時豆であることが多く、入っているのはお餅よりもやっぱり白玉であることが多いようです。

20130106_03.jpg

というか、「あたたかいぜんざい」とちゃんと言わないといけないくらい、沖縄で「ぜんざい」というとかき氷状のものになるような気がします。
でも私はあたたかいぜんざい大好きです。やっぱりあたたかいほうが小豆や黒糖の風味がいいです。

みなさんも沖縄に来られたら、ぜひいろんな場所でぜんざい食べてください。
でもどうかおなかこわさない程度に。


ではまた。




テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの ぜんざい

沖縄アウトレットモール あしびなー

こんにちは。サカイ(仮名)です。

那覇市の隣、豊見城市(とみぐすくし)にアウトレットモールがあります。

沖縄アウトレットモール あしびなー
http://www.ashibinaa.com/


沖縄アウトレットモール あしびなー

あしびなーとは「遊び場」「楽しむ場」みたいな意味だそうです。

BEAMS、GAPのほか、マークジェイコブスとか、コーチ、グッチ、フェラガモ等のブランドも入っています。
私はアシックスとかアディダスでスポーツウエアを買うことが多いです。
ABCマートも入ってます。

沖縄アウトレットモール あしびなー

車で行けば那覇空港もすぐなので観光客の人も多いですが、特に沖縄らしいものって、なくはないですけど、やっぱりそんなにないです(えー)


すいませんではまた。



テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。