スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄の交通事情 交通機関編

こんにちは。サカイ(仮名)です。
沖縄には鉄道がありません。那覇市内に、「ゆいレール」というモノレールがあるだけです。
だからこそ車社会になるわけで、さらに車社会が維持されているのは、他の交通機関があまり便利ではないということがあると思います。

バス



バスはありますが本数は少なめです。通勤通学の時間帯は比較的多めですが、それでもやっぱりさほど多くはありません。
さらに、バス路線は非常に細かく入り組んでいて、余所者の私はまだよくわかっていません。
正直私はちょっと利用しにくいと感じています。
あと、車両が古いせいか、排気ガスが真っ黒です。バスが近くを通った際にはちょっと気をつけて下さい。

タクシー



タクシーは非常に多いです。しかも首都圏に比べると価格が安いです。
複数人数で乗って割り勘すればさらに安くなるわけです。
那覇市街地を中心にして距離が遠くなるほど数は減りますが、鉄道がなく、バスの本数も多くない沖縄では便利な交通手段です。
貸切タクシーでの観光も多いようです。

地元沖縄の人も、飲み会へはバスで行って、遅くまで飲んだ帰りはタクシー、ということがけっこうあるようです。

ただし運転は…なんというか…クセのある感じです。
賃送時は乗客の指示に合わせたり急いだりで運転が不安定だとか、空車の時はのろいとか、まあ一般的なタクシーの特徴(と思われるもの)は共通しています。タクシーの運転手さんの人柄にバラツキがあるのも…まあどこでも大して変わらないことだと思います。そこに沖縄独特の交通マナーが入ってくるので、首都圏にいた私はたまに驚いたりします。

それよりも、とりあえず注意が必要なのは、会話の中でうちなーぐち(沖縄ことば)の割合が高い運転手さんがいるということです。
「こっちの道路は混んでるのであっちの道路から行きますね」
というのをうちなーぐちで早口で言われた時は正直「?????」でした。
でも以前観光客として沖縄に来たときに乗ったタクシーの運転手さんはわりと分かりやすく話してくれました。観光客に対しては分かりやすく話してくれるのかもしれません。
それに、うちなーぐちの濃い運転手さんの言うことに対して「?????」となるのも、沖縄での楽しみのうちのような気もします。

運転代行



交通機関とはちょっと違いますが。
沖縄ではあちこちに「運転代行」のチラシや看板があります。
沖縄は車社会なわけですが、当然お酒を飲んだら運転できません。そこで運転代行が必要になるわけです。どうやら事業として成り立っているようなので、それなりの需要はあると思われます。
利用したことはないのでいくらかかるのかとかわかりませんが、沖縄ではそこそこ浸透しているみたいです。


以上、沖縄の交通事情についてざっくりまとめてみました。
追加したいことや新たな発見があったらまた記事にしたいと思います。


ではまた。
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の交通事情 沖縄の生活

沖縄の交通事情 車両・交通マナー編

こんにちは。サカイ(仮名)です。

沖縄は車社会です。
車がとても多いです。

あと、沖縄に移り住んで、軽自動車がとても多いと感じました。
車庫証明なくてもお咎めがないからとかそういう事情があるのかしら…憶測ですけど…

他の地域でも都心部を除いてそういうところは多いとは思いますが。
その分、だいたいの施設に大きめの駐車場があります。
たいてい無料なので利用しやすいです。

沖縄のローカル交通マナー



それから、一般的な交通ルールとは別に、沖縄独特の交通ローカルルールというか、法則があるような気がします。
一応公の場であるここで書いていいのかどうか微妙なこともあるのですが、ざっくり申し上げますと
「右折車両にはご注意ください」
となります。
他の地域から来た人が見たら「…えっ?」と思うことも起こりえると思います。
ウインカーを出すタイミングとか、わき道から道路に入ってくる車の動きとか、最初はちょっと驚くかもしれません。

妙なことを書いてしまいましたが、沖縄のドライバーの方は基本的に親切です。
よく道を譲ってくれるし、歩行者が通るのをいつも待ってくれます。
みんな急いでいないのか、クラクションの音とかあまり聞かないです。

車の多さから来る影響



沖縄はそんなわけで車が多いです。
一般車両だけではなく、工事用の大型車両も多く、さらに大型車両にはディーゼル車が多いためか、空気中の排気ガスが多いように感じます。
もちろん、海辺など車の少ない場所では空気はきれいですが、沖縄でも、主な道路沿いや市街地では空気はあまりきれいじゃないかもしれません。
ちょっとご注意ください。

自転車



自動車や原動機付自転車の免許を持っていない人は自転車を使っているようです。それでもあまり見かけません。ただ、中高生と思しき人たちはよく乗っています。
さらに、電動アシスト付自転車に乗っている学生さんを見たこともあります。

確かに、沖縄は細かい上り下りが多く、普通の自転車では大変です。(経験した)
ガイドマップを見ても分かりにくいことですが、沖縄は平地が少なく坂が多いです。

普通の自転車でサイクリングはちょっとキツいと思います。それもあってか、最近は電動アシスト付自転車をレンタサイクルしてくれるところもあるようです。
沖縄でサイクリングをするなら、普通の自転車よりも電動アシスト付がおすすめです。


次の記事では交通機関についてご紹介します。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の交通事情 沖縄の生活 沖縄の道路

沖縄の交通事情 道路編

こんにちは。サカイ(仮名)です。
今回は、沖縄の交通事情についてご紹介します。
まずは、沖縄の道路について。

道路は、センターラインがあればまだいい方だと思います。
両側通行可能なのになぜか道幅は狭い個所があります。
特に住宅街。
那覇市街地中心部でも例外ではありません。
しかも道が入り組んでいてちょっとした迷路みたいになっていたりします。

新しい道路はともかく、沖縄では、車道も歩道も、舗装されていても結構でこぼこしているところが多いです。那覇市内でさえそういう場所があります。
私は慣れてきてしまいましたが。

車道



新しい道路は車線数も多く広めですが、比較的昔からある道路は片側一車線ずつしかなかったりします。さらに、二車線あっても実際の交通量に比べると足りなくて常に道路に車が多い、というような状況をよく目にする気がします。
メインになる道ほど休日の午後は混みやすい印象です。移動時にはちょっと留意しておいた方がいいかもしれません。

高速道路



沖縄にも「沖縄自動車道」という高速道路があります。比較的新しく、現在も工事中で、車線が広げられていたり、道路が延長されたりしています。
一応現在は南は那覇(といっても那覇市の東の端っこ)から名護市の許田(きょだ)まで。
美ら海水族館へ行くには、許田まで行ったらあとは一般道になります。
この許田の高速からの降り口付近が時たま非常に混むのでご注意下さい…移動は午前中の早いうちがおすすめです…

歩道



沖縄では歩行者はあんまり存在しないことになってるっぽい…と感じることがよくあります。
歩道がとても狭かったり(すれ違うだけで精一杯)、草ぼうぼうで足の踏み場がなかったり、歩行者に対して親切な感じではないです。国際通りとか那覇市街中心地はともかく。
実際、徒歩で移動する人があまりいないから仕方ないのかもしれません。

観光地でもきれいに舗装されていない場所が多いので、観光の際には丈夫な靴底の歩きやすい靴がおすすめです。
加えてにわか雨も多く、足元がぬかるむ可能性も高いのでご注意ください。


次の記事では沖縄独特の交通事情やマナーについてご紹介します。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の交通事情 沖縄の生活 沖縄の道路

かりゆしウエア

こんにちは。サカイ(仮名)です。

以前の記事で、うちなーぐち「かりゆし」について書きました。

今回はその「かりゆし」にちなんでネーミングされた「かりゆしウエア」についてです。

「かりゆしウエア」とは、沖縄版アロハシャツみたいな感じです。
「沖縄県内で縫製されたものであること」「沖縄の観光をPRする絵柄であること」が条件らしいです。

「かりゆしウエア」(Wikipedia)

沖縄で縫製されたものというのはいいとして沖縄の観光をPRって何だろう…と思っていたのですが、どうやらこれはかりゆしウエアの由来に関係しているようです。

そもそもかりゆしウエアは1970年ごろに「沖縄シャツ」として始まりました。これは、観光をアピールすることを目的に沖縄県ホテル組合が中心となって企画したそうです。
とはいえ、当初はあまり浸透しなかったらしいです。

のちに現在の「かりゆしウエア」という呼称になり、2000年の沖縄サミットやNHKの連続テレビ小説がきっかけとなって官公庁を中心に普及していった始まったそうです。
昨今はクールビズの広がりにともなって、夏場のオフィスウエアとして着られているようです。

街中では、どちらかというと女性よりも男性が着ていることが多いかな、というのが私の印象です。もちろん女性用のシャツも普通に売られてはいますが。
でも実は沖縄では着てる人はそれほど多くは見かけないというか、そもそも最近は柄がいろいろありすぎて普通のシャツとあんまり見分けがつかないというか…
とにかく「沖縄ではかりゆしウエアが広く定着している」みたいなことはないように思います。
や、もちろん着てる人はいるにはいるのですけれども。
どちらかというと、郵便局の人とか某大手小売店の店員さんとかが着てるイメージが強いです。

そんなこんなでした。
まとまりなくてすいません。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 服飾 沖縄の生活 沖縄の観光

A&W(エイアンドダブリュ)とルートビア

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日ご紹介するのは、日本では沖縄でしか展開されていないハンバーガーチェーン
A&W(エイアンドダブリュ)
です。

A&W(エイアンドダブリュ)

A&W(エイアンドダブリュ)日本(沖縄)公式WEBサイト
http://www.awok.co.jp/


元はアメリカのファストフードチェーンで、日本以外でも海外展開してます。
日本の他の地域にも店舗があった時期もあるそうですが、結局撤退したらしく結局沖縄にしかない状態になった、ということのようです。
ただし、沖縄県外でも米軍基地には店舗があるそうです。
そのことからもわかるように、アメリカ統治時代に沖縄に入ってきたハンバーガー店です。
A&W(Wikipedia)

A&W(エイアンドダブリュ)

店舗の雰囲気やメニューはアメリカンな感じもありつつ、でもハンバーガー店としては日本においてもごく普通だと思います。

ルートビアを除いて。

ルートビア

ルートビア(Wikipedia)

「A&Wルートビア」というのはブランドとして存在するようです。
A&Wルートビア(Wikipedia)


「ビア」とありますがアルコール飲料ではなく、ジョッキに入ってますがビールでもなく、味はコーラに近いです。
アメリカで生まれ、ハーブや甘味料から作られていることもコーラと共通してます。
ただ、

後味は湿布の臭いです。

この後味こそ、私が初めて飲んだ時に「…うぁっ」と言ってしまった原因です。
しかし恐ろしいことに、

3回ほど飲めば慣れます。

湿布の臭いではあるんですが、要はハッカとかミントみたいな感じなわけなので慣れやすいのかもしれません。
それに、ピザやハンバーガーなど脂肪分の多い食事にはわりと合います。ハッカかミントのような香りが口の中のこってり感をすっきりさせてくれるからじゃないかなと思います。
ちなみにA&Wではルートビアはおかわり自由です。
でも、私は食事の時は基本的に甘い飲みものは飲まないので、しょっちゅう飲んでるわけではないのですけれども。


A&Wは日本国内では沖縄にしかないに等しく、またA&Wといえばルートビア、という感じなので、旅行などで沖縄を訪れる際には足を運び、ルートビアを飲んでみてはいかがでしょうか。
もちろん、初めてルートビアを飲む時は小さいサイズをおすすめします。


最後に余談を。
沖縄の人は「エイアンドダブリュ」を略して「エンダー」と言います。
私もいつのまにかそう言ってました。略語の浸透力は馬鹿にできません。

2013年10月27日修正:
非公開コメントにてご指摘頂きました。
「エンダー」とは略ではなくアメリカ統治下時代にアメリカ人の実際の発音を真似た発音が定着したものだそうです。
ご指摘ありがとうございました。


ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の飲食店 ハンバーガー 沖縄の食べもの 沖縄の飲みもの 米軍基地 アメリカ統治時代

うちなーぐち「かりゆし」

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日は沖縄ことば「かりゆし」をご紹介します。

かりゆし

漢字で書くと「嘉例吉」(「嘉利吉」とも)

「かり」とは「縁起」のことで、「かりゆし」だと「縁起がよい」「めでたい」という意味になります。

「かり」だけでもおめでたい言葉らしく、日本標準語での「かんぱーい!」という挨拶は、うちなーぐちでは「かーりー!」となります。

「かりゆしウエア」の「かりゆし」もこの「かりゆし」です。

かりゆしウエアについてはまた別の記事で改めて書きたいと思っています。


ではまた。



テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : うちなーぐち 沖縄ことば

塩せんべい

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日は「塩せんべい」をご紹介します。
私も好きなのでスーパーでよく買ってます。

塩せんべい

感覚的には「ポンせん(ポンせんべい)」です。
ただし、材料に使うのは米ではなく小麦粉。誕生したのが50年ほど前だそうなので、米が貴重だった時代だったから小麦粉を使ったのでは、と言われています。
小麦粉に植物油と水を混ぜた生地を大判焼の型のような機械に入れて熱しながらプレスして圧力をかけます。焼きあがってプレスを外すとポン!という音がして膨れます。これは一般的なポン菓子と同じ原理ですね。
焼きあがったものに塩をまぶし、油少々を吹き付けてできあがり。

子供はおやつに、大人は酒のつまみに、と言われるくらい沖縄では広く食べられているようです。
基本的には塩味ですが、最近は梅風味とかも出てきているようでスーパーでもよく見かけます。

おみやげ屋さんではあまり見かけませんが、沖縄らしさのある駄菓子だし日持ちもするのでおみやげにもおすすめです。

ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のお菓子

追加:八風畑(やふうばたけ) - 本島南東部のおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

以前、八風畑(やふうばたけ)の記事を書いた際、黒糖プリンの写真を撮り忘れるという失態をさらしましたが、先日八風畑に行ったときに写真を撮ったのでご紹介します。

八風畑 黒糖プリン

光の加減で見にくくなってしまいましたが、上にはソースがかかっています。店員さんに確認したところ、やっぱり黒糖のカラメルソースだそうです。
手前に写っている茶色い粒は黒糖チョコレートピーナッツ。これがまたおいしいです。黒糖とチョコレート両方の風味がちゃんと生きています。レジ横で売られていたのでおみやげに買いました。

この時はさらに黒糖カプチーノを注文。上に砕いた黒糖が乗ってます。

八風畑 黒糖カプチーノ

カプチーノですが、見た目は限りなくぶくぶく茶(沖縄で伝統的に飲まれてきた泡立てたお茶)に近いような…
でもおいしかったです。
半分ほど飲んだところでさらに黒糖を追加。黒糖独特の風味がコーヒーと合ってとてもおいしいです。
コーヒーと黒糖は相性がよく、家でもよく飲んでます。ぜひ一度お試しください。


店名:黒糖工房・青空喫茶 八風畑
所在地:南城市知念字知念1319
電話番号:098-948-3525
営業時間:11:00 - 18:00(夏季11:00 - 19:00)
定休日:無休
駐車場:あり(無料)
WEBサイト:http://www.manten-r.co.jp/



ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のおいしいお店 黒糖 沖縄の飲食店

丸三冷やし物専門店 - ぜんざいのおすすめ店

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日はぜんざいのお店をご紹介します。

丸三冷し物専門店(まるみつひやしものせんもんてん)
通称「まるみつ」

「まるみつ」こと丸三冷し物専門店

外観同様、店内も気取らず懐かしく居やすい感じでした。

さて、このお店有名メニューといえば白熊です。

まるみつの白熊

鹿児島を中心とした九州南部で普及しているあの「白熊」とほぼ同じです。

ただやっぱり沖縄の「ぜんざい」に近く、氷の下には白玉、そしてえんどう豆のを甘く煮たものが底に入っています。
もちろんコンデンスミルクたっぷり。
外側だけじゃなく内側までたっぷり。
しかも氷がふわふわであっという間に食べられてしまいます。
そして、フルーツで顔を作ってくれるのがなんかうれしい。
ちなみに、この缶詰フルーツがやたらコンデンスミルクと合っておいしい。

写真はミニサイズで350円。
普通サイズが高さ30センチくらいにまでなります。480円。
今回は様子見でミニサイズを頼みましたが、これは普通サイズも余裕じゃないかと思いました。
それくらい氷がほわほわでおいしいのです。


店名:丸三冷し物専門店
所在地:糸満市糸満967-29
電話番号:098-995-0418
営業時間:11:00 - 19:00(11月から3月までは18:00まで)
定休日:日曜日
駐車場:あり(無料)



ではまた。


2014年1月追記:
丸三冷やし物専門は、2013年12月末をもって閉店しました。
正直、寂しいです…。



テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの ぜんざい 沖縄料理 沖縄旅行 沖縄の観光 沖縄のおいしいお店 沖縄の飲食店

うちなーぐちで「私」「あなた」

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日はうちなーぐちの人称(「わたし」とか「あなた」とか)をご紹介します。

単数



一人称単数:「わん」(若い世代では「わー」も遣われるそう)
二人称単数:「うんじゅ」(親しい間柄では「やー」)
三人称単数:「あれー」「うれー」

一人称の「わん」は「わたし(私)」「われ(我)」とつながっている感じなので覚えやすかったです。

一方、二人称の「うんじゅ」はちょっと覚えにくいんですが「あなた」にあたるので結構遣う機会は多そうです。
「やー」の方がなんとなく覚えやすいでしょうか。でも、目上の人には「やー」を遣うのは失礼だそうです。ごくごく親しい間柄で、多少乱暴な口をきいても大丈夫な相手にのみ遣える言葉のようです。「おまえ」みたいに。そしてどうも実際は「やー」というより「ゐー」らしいです。「ぃやー」くらいの感じ?でしょうか?

三人称の「あれ」は覚えやすいです。「あの人」「あいつ」と似てるので。

複数



一人称複数:「わったー」
二人称複数:「うんじゅたー」「うんじゅなー」(親しい間柄では「いったー」)
三人称複数:「あったー」「うったー」

語尾に「たー」を付ければ複数形になる感じですね(おおざっぱ)

ただ「やったー」は実際は「いったー」になるようです。たぶんこれも「ゐったー」となるからじゃないでしょうか。うちなーぐちが出てくるテレビ番組を観てると「いったー」となっている印象です。


実は、私自身こうして人称について調べてみたものの、性別によっての言い方の違いはわかりませんでした。性別に関係なく遣えそうな気もするんですが、今の段階ではまだちょっと調べきれてないですすいません。
もしご存知の方いらっしゃったらコメントなどにて教えて頂けるとうれしいです。

新しい発見があったらまたお知らせします。

ではまた。

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : うちなーぐち 沖縄ことば

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。