スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


十五夜と「ふちゃぎ餅」

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今日は十五夜ですね。

沖縄でも十五夜のお供え物として、お菓子類がスーパーなどでたくさん売られるようになります。
普通の月見団子も売られているのですが、沖縄に来て初めて見たのが「ふちゃぎ餅」というものです。

ふちゃぎ餅

白い餅の周りに小豆がついている餅菓子です。
写真のものは甘く味付けしてあり「甘ふちゃぎ」という名称で売られていました。
どうやら、本来は甘い味ではないようです。

「ふちゃぎ」は漢字で書くと「吹上」となるそうです。

『旧暦の8月15日(十五夜)に、豊作を祈願し、ヒヌカン(火の神)と仏壇、神棚に供えた後に食べる縁起物である。なお、小豆は魔除けの意味合いがあり、小豆をつぶさずにまぶすことで当年の災難避けを祈願するものである。』
Wikipedia「ふちゃぎ」より)


味は…正直に申し上げますと特別な印象はなく、素朴においしい餅菓子という感じです。
でも、ほぼこの時期しか売られていないので、なんとなく食べたくなるのもまた事実です。


ではまた。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの 沖縄のお菓子 沖縄の習慣 沖縄の行事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。