スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄の映画事情

こんにちは。サカイ(仮名)です。

先日、遅ればせながら映画『ダークナイト ライジング』を観ました。
上映期間終了ギリギリセーフでした。



沖縄の映画館は南部に集中しています。
沖縄市より北には映画館はありません。
(2005年までは名護市にもあったらしいですが閉館したもよう…)

特に那覇市とその周辺には映画館が多いです。
大きなシネコンもあれば、単館系の映画を上映している小規模な劇場もあります。
現実的に観やすいのは大きなタイトルの映画になるんですけれども。

スターシアターズ
:那覇市均衡を中心に4箇所に展開するシネマコンプレックス。メジャーな作品はここさえ行けばまず観られる。3D上映もあり。

桜坂劇場
:単館系映画をとにかく多く上映する映画館。ライブやイベントも行う。


そんなふうに映画施設が那覇市に集中してしまっていることの影響なのか、

レンタル屋さんが非常に多いです。

さらに

やたら安い。(しょっちゅう特価デー)

まあ市街地じゃない地域ってそういうものなのかなとも思います。


でもたぶん沖縄の特徴として

台風が近づくとレンタル映画があらかた貸出中になる

ということがあると思います。
しかも皆さん非常に行動が早いです。
雨がぱらぱら降り始めた頃に店に行っても遅いです。
なんにもありません。
「沖縄の人はのんびりゆったり」というイメージをあっさり覆されます。

沖縄の地元の人は、真夏の暑い季節や台風シーズンの休日には自宅で映画を観ることが多いらしいです。
うまいこと閉じこもってやり過ごすわけです。


余談ですが地元の人曰く
「真夏に海で泳ぐのは小中学生と観光客だけ」
らしいです。



私はまだ十分に観光客(≒よそ者)なのでガンガン海行きますよ!



ではまた。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の生活 沖縄の習慣 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。