スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボディブロー的に - 沖縄の台風

こんにちは。サカイ(仮名)です。

今年沖縄で暮らすようになってから初めての夏、ふたつほどの台風に本格的に見舞われました。

(過去記事「沖縄の台風」「降ってくるのは水だけじゃない」

そして、沖縄に台風が来た後、その影響の一部はボディブローのように後日になってじわじわ表れてくるのだなと知りました…

台風が去って二日目から四日目程度にかけて
店舗の商品棚に空きが目立つのです。
私の行きつけの某全国展開グループのスーパーでさえも数日間にわたって。
いつも買ってる銘柄のヨーグルトがひとつもないっ!とか
冷凍うどんのコーナーが棚ごと空っぽ!とか
お肉売り場でひき肉類が一切ない!とか。



沖縄県に他の場所から商品を運ぶ場合、陸路はありません。
船便か航空便しかないので、台風が直撃すると物流が完全にストップします。
特に生鮮食品と冷凍食品は影響を受けやすいです。

そしてそれがスーパーの商品棚に表れてくるわけです。
二、三日経ってから、というのが沖縄の特徴かもしれません。

まあ今の時代ですから代わりになるものはいくらでもあるに等しく、そんなにものすごく困るということはないです。
ただし、献立を決める際に台風の影響を考えるようになった自分がいます。


それでもやっぱり気になってしまうのは、地元の農家の方の直売野菜です。
通常は毎日山盛りになっている直売野菜コーナーが、台風直後から数日が過ぎた今日になっても品薄のまま。(イモ類はあまり変わらず。たぶん常温で保存がきくから。)

ちょっと割高だけど、地産地消というだけでなく実際おいしいので毎度のように買ってるんですが。

台風被害…きっとあったわけですよね。
あああどうか無事に畑やビニールハウスが回復しますように。

早く来て来て地元野菜。


ではまた。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の天気 沖縄の天候 沖縄の台風 沖縄の生活

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。