スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


那覇大綱挽まつり 2012年

こんにちは。サカイ(仮名)です。

毎年10月の体育の日を含めた土日月の三連休に、那覇市で「那覇大綱挽まつり」が開催されます。

「綱挽」とは、運動会などで行われるあの「綱引き」と基本は同じです。

なんで綱引きなのかというと、おおざっぱかつざっくり言えば繁栄祈願です。

農村ならば雨や豊作を祈願するわけですが、那覇は農業よりも交易により栄えた港町であったため、さしずめ祈願するのは交易による商売繁盛と言ったところでしょうか。

綱引き自体が行われるのは二日目の午後四時頃のみですが、その他にもいろいろイベントがあります。
伝統芸能継承者によるパレードや、地域ごとの旗頭行列(幟のようなものを立てながら通りを進んでいく)、奥武山(おうのやま)公園でのライブイベントなど。


せっかくなので私も二日目に行ってきました。

綱引きの中心は那覇市街地のど真ん中である久茂地交差点ですが、旗頭行列が通る国際通りも人手が多くにぎやかでした。

私は旗頭行列を見てから綱引きに参加…
というつもりでいたのですが、どうも綱引きは人手がハンパないということで、人ごみが苦手な私は回避する方向であっさり方針転換。
揚げたてさーたーあんだぎーを食べつつ旗頭行列を見た後、綱の写真だけ撮って退散しました。

つかこの綱でか!

20121009_01.jpg
太い箇所では直径が私の身長よりありましたよ…

ただし実際に人が引っ張るのは太い綱の上に乗っかっている細めの綱。
その綱を引いて綱引きをするわけです。
参加者も見物客も含めてそれはそれはすごい熱気らしいです。

どんだけ人手と熱気がすごいかはこのあたりの写真をご覧の上ご想像下さい…

社団法人 那覇大綱挽保存会 WEBサイト

「那覇大綱挽まつり」(那覇ナビ)

あと、この綱の提供には米軍基地も関係しているらしく、そのためか米軍の関係者とおぼしき人たちを非常に多く見かけました。(上記のサイトの写真にも結構写ってますね。)
そしてその人たちも綱引きに参加するとかで、綱引きのテンションの上がり方がすごいのはそれも理由のようです。


綱引きの最後はカチャーシー(沖縄の盆踊りのような踊り)で締めくくり。
カチャーシーには参加したかったかもな…と今さらちょっと悔やむのでした。


もし旅行のタイミングが合ったらぜひ行ってみてください。
そしてできれば綱引きに参加し、カチャーシーを踊って下さい。
(逃げたお前が言うな)


でも、ちょっと斜に構えてみると、米軍基地を多く抱え、観光産業に大きく頼っている沖縄が見えた気もしました。


ではまた。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の行事 那覇市 国際通り 米軍基地

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。