スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さんぴん茶

こんにちは。サカイ(仮名)です。

他の地域にもあるけれど、沖縄ではさらに親しまれているものはいろいろあります。
もずくとか。
でも今回はもずくはおいといて、さんぴん茶をご紹介します。

さんぴん茶のペットボトル

さんぴん茶とはジャスミン茶のことです。
「三一」ではありません。サムライとは関係ありません。

なぜ「さんぴん茶」と言うのか。

ジャスミン茶は中国語で「茉莉花茶(モリホワチャ)」あるいは「香片茶(シァンピェンチャ)」と言います。
この「シァンピェンチャ」が「さんぴん茶」に転じたという説が有力なようです。

さんぴん茶は、中国のジャスミン茶よりはジャスミンの香りが控えめです。
そもそもジャスミン茶とは、厳密にはジャスミンをお茶にしたものではなく、「ジャスミンの(花の)香りを移したお茶」ということになります。

「香りのあるお茶」ということで「香片茶」なんだと思います。

どうやって移すのかというと、混ぜ合わせると移るようです。

よくジャスミン茶の茶葉にジャスミンが混じっていたりもしますが、本来は茶葉からジャスミンを丁寧に取り除いたものが良質とされるらしいです。


以上いつもありがとうWikipedia 「ジャスミン茶」

私個人は、ジャスミン自体を残っていた方が見た目の雰囲気がよくて好きですが。


さてこのさんぴん茶。

コンビニ、自動販売機、飲食店で必ずといっていいほど置いています。
あーでも全国チェーンの飲食店のメニューにはないですね…

うちも普段はさんぴん茶を飲んでます。
スーパーではさんぴん茶のティーバッグが何種類も売られています。
私が買うのは徳用サイズのうちのひとつ。

さんぴん茶のティーバッグ徳用サイズ

麦茶みたいにパックを水に放り込んで冷蔵庫に入れて常備してます。

そして水出しの後に新しい水で煮出して飲んでます。
貧乏臭いのではありません。貧乏なのです。


ではまた。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の生活 沖縄の飲みもの

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。