スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安室 - さーたーあんだーぎーのおすすめ店

こんにちは。
さーたーあんだぎーで別腹が発動するサカイ(仮名)です。

買い食いにもぴったりなさーたーあんだーぎー
日持ちするためおみやげ店でもたいてい扱われているさーたーあんだーぎー

でもやっぱりしっかり作っているところとそうでもないところがあるなあというのが私の正直な印象です。
とはいえ、そもそも素朴なお菓子なので厳密な作り方とか決まってないし、材料も少ないから、そんなに大きなハズレはないです。

それでも、おいしいところは非常においしいです。
生地のやわらかさとか甘みの強さとか、いろいろ人によって好みはあると思いますが、とりあえず私のおすすめのお店を紹介していきたいと思います。

まず今回の記事でご紹介するのは、「さーたーあんだーぎーの店 安室」

ガイドブックにも載っていて比較的有名なお店なんですが、場所がわかりにくいからかお店の周囲は静かなことが多いです。

さーたーあんだーぎーの店 安室 外観

しかもぱっと見、さーたーあんだぎーが売られているってわかりにくい…
看板はいちおうあるものの。


店名:さーたーあんだーぎーの店 安室
住所:沖縄県那覇市首里久場川町1-20
電話番号:098-884-3060
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日(これ要注意!)
駐車場:一応あり(でもせいぜい車2台分)



本来は養鶏場の会社さんがやっているお店らしいです。
養鶏場からの卵がきっとおいしいんだろうなあと思えるくらい、生地の風味は最高です。
水を一切使わずに生地を作っているので、生地はやや固めでしっかりしています。
外はサクサクで歯ごたえがいいですが、やっぱり生地のおいしさがあってこそ外側のサクサク部分もおいしいんだと思います。

白糖(プレーン)の他、黒糖、紅芋のさーたーあんだぎーもあります。
でも私はスタンダードな白糖が一番好きです。

さーたーあんだーぎー 安室

一袋10個入りで400円から500円程度。
でも写真左側のビニール袋は13個入り。なぜかというと、形がよくないために通常販売から外されたものだから。
見た目を気にせず、また、たくさん食べたい場合はお得です。


安室は場所がわかりにくかったり駐車場が非常に狭かったりと、交通的にはちょっと行きにくいお店ですが、(あと日曜が定休日なのも要注意事項)ここのさーたーあんだぎーはぜひ一度食べてみてほしいです。
できたてはもちろんおいしいですが、日持ちしますし、少し日が経ってからもおいしいです。

ではまた。



余談:
Amazonでも買えたりするという。
お気に召したら沖縄へ行って、できたてもぜひ。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの さーたーあんだーぎー 沖縄旅行 おみやげ 沖縄のお菓子

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。