スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄のガラス工芸品

こんにちは。サカイ(仮名)です。


今回の記事は、沖縄のガラス工芸品(琉球ガラスあるいは沖縄ガラスと呼ばれるもの)について。

琉球ガラス

観光スポットやおみやげ屋さんで、たくさん売られているガラス製品。
琉球ガラスと言われるものは、鮮やかな色合いが独特で、おみやげ品としても人気です。

けれども琉球ガラスは、昔からの伝統工芸品という感じとはちょっと違います。


琉球ガラス(沖縄ガラス)の歴史



第二次大戦後のアメリカ占領時、食料はもちろんガラスの原料となる物質も乏しい中、アメリカ軍基地で捨てられていたコーラなどの空き瓶を熔かして再利用し、ガラス製品を作ったのが今に続くいわゆる「琉球ガラス」の始まりだったと考えられています。
ただし最初は今のような工芸品としてではなく、あくまで生活用品のひとつとして作られたんではないかと思います。

もちろん、琉球王国は海上貿易の要の場所だったので、ガラス製品やその技術は比較的早く入って来ていたはずです。実際、ガラス製造も明治時代には沖縄で行われていたようです。

ただアメリカ占領時は、拾われてきた既に色がついた空き瓶を雑多に熔かして作ったため、できたガラスは独特の濃いめの色合いになりました。
また、製作過程で気泡が混入し、それもガラスを独特の風合いを持つものにしました。

「工芸品」として人気が出てきたのは、沖縄が「本土復帰」し、観光地化していく中でのことのようです。
そういった経緯もあり、今ではメーカーや職人さんも増え、いろいろな作風のガラス製品が作られるようになっています。原料も空き瓶の再利用ではなく、普通のガラス製品のように新規で作られる作品も多くなりました。


琉球ガラス(沖縄ガラス)購入時の注意点



それでも、多くの作品は鮮やかな色合いで素朴な形をしていて、そういった雰囲気のものが「琉球ガラス」である、とイメージが確立されつつあると思います。

ただやっぱり、「こうでなければ琉球ガラスとは言えない」という決まりごとはないです。
なのでいろんなガラス作品があるんですが、実は多くのおみやげ屋さんには、他と同じ商品しか売られていないことが多いです。

まだ「沖縄産」ならばいい方で、実は「ベトナム産」の商品も混じっていたりするので要注意です。
これは、沖縄のガラスメーカーが製造法をベトナムに持ち込んで、現地スタッフによって製作されたものです。(「だから製法は沖縄産だ」という主張もあるようです)

これを「琉球ガラス」であると納得して買うなら別にいいんですが、沖縄産だと思って買ったら実はベトナム産…となるとちょっとがっかりしてしまうのではないでしょうか。
私個人は、沖縄に来たならやっぱり沖縄産のガラス製品を買いたいと思ってしまいます。


もちろん、沖縄産とベトナム産、間違えずに買う方法はちゃんとあります。

たとえば、ガラス工房のある観光スポットでは、基本的にそこの工房で作られた商品が売られています。(おきなわワールドがそうでした。)

また、おみやげ屋さんによっては、「沖縄の職人さんが手作りした」ということをはっきり書いてくれているお店もあります。

それ以外でも、産地を示すシールが貼られていることが多いので、確認してみましょう。

これはベトナム産。
ベトナム産であることを示すシール
銀色の地に「MADE IN VIETNAM」と書いてあります。


これは沖縄産。
沖縄産であることを示すシール
金色の地に「MADE IN OKINAWA」と書いてあります。



人にあげるおみやげでも自分用でも、一度商品をチェックしてみてから買うことをおすすめします。


おすすめのお店や商品はまたおいおいご紹介ますね~


ではまた。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 琉球ガラス 沖縄ガラス 注意事項 おみやげ 沖縄旅行 米軍基地

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。