スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼろぼろじゅーしぃ

こんにちは。サカイ(仮名)です。

以前じゅーしぃについての記事を書きましたが、その後新たな発見があったので今回はその件をご報告。

とある食堂でお昼を食べようとメニューをみたらそこにあった文字は

「ぼろぼろじゅーしぃ」
「くふぁじゅーしぃ」

…?
と一瞬思いましたが、料理の写真を見て理解しました。

ぼろぼろじゅーしぃ:汁気が多く、雑炊かお粥のようなじゅーしぃ
くふぁじゅーしぃ:汁気が少なく、いわゆる炊き込みご飯に近いじゅーしぃ

ということのようです。
どうやら、私がこれまで「じゅーしぃ」と思っていたのは「くふぁじゅーしぃ」だったようです。

ではここではぼろぼろじゅーしぃを頂こう、と思い注文。

ぼろぼろじゅーしぃ

一口食べて、これは煮物の煮汁で作ったぼろぼろじゅーしぃかな、と思いました。
煮物の具材の味が全部入っている感じで、非常に複雑な味わいでした。

沖縄で「煮物」というと、概念的な煮物ではなく、特定の具材が入った煮物のことになります。「煮物定食」とかあるので、今後またレポします。

正直、結構ディープなものを頂いたと感じました。
そして、たぶんここのお店ではもう注文することはないかな…と思いましたすいません。

以前も某所で試食的にぼろぼろじゅーしぃを頂いたことがあったのですが、それもかなりディープな感じでした。その時は驚きましたが今回注文したじゅーしぃを食べてみて、あれは別に普通なものだったんじゃなかろうかと思い直しました。

沖縄料理ってやっぱり必ずしも万人に好まれる味ではないのかもしれません。

でも、これからもいろんなお店でじゅーしぃや他の沖縄料理を食べていきたいと思います。

ではまた。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄の食べもの じゅーしぃ 沖縄の飲食店

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。