スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


沖縄のことば

こんにちは。サカイ(仮名)です。


沖縄にもいわゆる方言があります。

独特のイントネーションや語尾があったり、単語自体がそもそも標準語と違ったり。

でも若い世代の人はほとんど標準語を話すようです。
多少イントネーションに特徴はありますが。

私は沖縄の人との会話で、意思疎通できず困った経験は今のところありません。

ただし、ある程度以上の年齢の人になると、その言葉はもう沖縄"弁"というような生やさしいものではないです。
それはもう方言というよりやっぱり「沖縄ことば」です。


とはいえ、理解するための糸口も多いので、慣れれば結構わかってきます。

早口な会話も、仮名で記述されたものを見れば標準語で意味するところがなんとなくわかったりします。
逆に仮名表記よりも実際に話している発音を聞いたほうがわかりやすいこともあります。


それでも、標準語と全く違う単語もあるのでビビります。
そんなに甘いもんじゃなかったのです。

以前テレビで「沖縄ことば」の保全というコンセプトの元、かなり濃ゆい沖縄ことばによる昔話を放映していたのを観たんですが、

私にとっては外国語に近かったです。


濃い沖縄ことばは私にはレベルが高すぎました。




ちなみに沖縄では、沖縄で遣われる言葉を「うちなーぐち」といいます。

強引に標準語で漢字を使うと「内の口」とかになるでしょうか。
沖縄を「内側」として、そこで遣う「口」語という感じです。

そういうこともあり、たぶん…ですが、沖縄の「外」の人間がむやみにうちなーぐちを話すと

沖縄の人にはイラっとされます。

東京人の「なんでやねん」が関西出身の人をイラっとさせるのと同じです。
お寿司屋さんで「あがり」と頼むと嫌味に聞こえることがあるということとも似てるかもしれません。


なので私はうちなーぐちをちょっと覚えたからといってやたらと遣わないようにしてます。
うちなーぐちが少し理解できるようになったことを喜ぶに留めています。

何より普通に話せば問題なく通じるし。

でも、うちなーぐちはおもしろいな興味深いなと素朴に思うので、余所者の立場ながらちらほらと沖縄ことばをご紹介していきたいと思います。


ではまた!






関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

tag : 沖縄ことば うちなーぐち

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。